ドクターヘリの年収について

災害や事故など、現場に素早く駆けつけ救命活動を行う医療システムにドクターヘリがあります。
ドクターヘリは、最近ではドラマにもなったことから一般の人にも広く知られており、その機動力は50?圏内であれば30分程度で往復できる速さを持ちます。
ドクターヘリに搭乗する医師はフライトドクターと呼ばれ、救急医療の経験や知識、実力を兼ね備えていることが最低限の条件になります。

ドクターヘリの年収を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

年収に関しては、基本的には配備されている各医療機関で定められた医師の給与体系に沿って決められており、通常の救急専門医の場合には1、000万円〜1、400万円が相場とされています。1例を上げれば公立病院で免許取得後6年目では約1、140万円、7年目では1、230万円になっており、実際、ここでの募集は年収1、200万円で行われています。


例えば、県立病院などでは公務員扱いとなり、民間病院の場合にはそれぞれの医療機関によって基本となる年収が異なってきます。


ただし、フライトドクターの場合では搭乗回数による手当が加算されるために、同じ医療機関に務める救急専門医よりは高くなります。



ドクターヘリのパイロットの場合は、20年以上の経験があり、50歳前後のベテランで800万円〜1、000円が相場になっています。



ドクターヘリの多くは公的医療機関に配備されているものの運行に関しては外部に委託をすることで行われおり、パイロットの年収は委託先によっても異なります。因みに、パイロットになるには2、000時間以上の飛行時間が求められ、なりたての頃などはベテランパイロットの半分程度の年収とされています。